朝ごはんは食べないという人も多いですが、健康のためにも、朝ごはんを食べた方がいいという説もありますよね。
朝ごごはんを食べた方が痩せるという噂もあります。
実際どうなのでしょうか。ダイエット中の人にとっては気になるところですよね。

そこで今回は、ダイエット中でも朝ごはんを食べた方がいいのかについてご紹介していきます。
ダイエットを本気で成功させたいという人は、是非ご参考にしてみてください。

○ダイエット中の食事、朝はとる?とらない?

その理由は以下の通りです。

就寝中に下がってしまった体温が上がる

エネルギー消費しやすくなる

消費カロリーが増加

痩せやすい体質になれる!

○ダイエットと朝ご飯の意外な関係~朝食を抜く程太りやすくなる?

ダイエット中だからといって朝食を抜いてしまうと、便秘になりやすくなってしまうばかりか、頭もぼーっとしてしまい、作業や仕事に集中できなくなって不便です。
朝に食事をしっかり食べておけば、お昼までに物凄い空腹に襲われるということもないでしょう。
朝食を抜いてしまうとお腹がとてもすいてしまうので、その分どうしてもお昼に暴飲暴食してしまうことになります。

これがダイエットにとって逆効果となってしまいます。
太りやすく、痩せやすい体質を招いてしまうでしょう。

前日に夕飯を食べた時から、翌日食事をとる時間までが長いと、体は飢餓状態になってしまい、摂取した脂肪もためこみやすくなります。

従って、ダイエット中でも朝食をしっかり食べることをおすすめします。
ダイエット中に朝食を摂取する事は、ダイエットの一つとしても捉えられるでしょう。

ダイエット中の食事で朝に取り入れたいもの

ダイエット中でも、朝食をとった方が痩せやすい体質になれると言われています。
ダイエット中におすすめの朝ごはんとしては、「和食」がすすめられます。

○和食がおすすめです

ダイエット中、朝に食事する時は「和食」をベースにするのがおすすめです。
和食の主食と言えばお米ですが、お米はパンよりも水分量が多いので、腹もちがパンよりも圧倒的にいいからです。血糖値の上昇をゆるやかにするといった特徴もあります。
そのためインスリンの分泌が抑えられ、脂肪の吸収も抑えられるでしょう。
和食のメニューは栄養バランスも大変良く、たくさん食べなくても満足感が得られます。だからこそ和食はおすすめなのです。

○朝の食事で取り入れたいメニューは?

和食の朝ご飯で取り入れるのにおすすめなのは、次のようなメニューです。

ノンファットタイム

ご飯で炭水化物を摂取しつつ、焼き魚からたんぱく質を補う事ができます。
さらに納豆や玉子焼きで栄養素もしっかりとることができて、健康的です。
和食で不足しがちなビタミンは、フルーツから補うといいでしょう。
食べる時には、ご飯に雑穀を混ぜると栄養価も高まっていきます。
味噌汁には野菜をたっぷり入れて、具だくさんにするのもポイントです。

見た目の品数が多ければ多い程、視覚的にも脳が満腹感を得やすいので、食べ過ぎも防げるでしょう。

⇒食べるのがやめられない!そんな人におすすめのダイエットとは?