ダイエットを始めるのであれば、おやつはとらない方がいいに決まっていると考える人がほとんどでしょう。
おやつはちゃんとした食事ではなく、食事と食事の間につまむものなので、その分カロリーが増えて太りやすくなりそう…と考えてしまいますよね。
しかし実は、ダイエット中のおやつを禁止してしまう方太りやすくなってしまう場合もあるのです。
その仕組みとはいったいどのようなものなのか、ご紹介していきます。

○ダイエット中こそおやつをとった方がいい理由

ノンファットタイム 間食

お昼と夜ご飯の間が長くあいてしまう人は、きっと多いでしょう。

お昼を平均的な昼食時間に食べたのであれば、お昼は12時頃、夜は19時代に食べるという人も多いはずです。
この差は7時間にもなってしまうでしょう。
また、お仕事で帰りが遅い人や、学校や部活動で帰りが遅い人はもっと遅くなってしまい、21時過ぎになってしまうこともあるでしょう。
こうなってしまうと、夕食を食べる時はとても空腹な状態になってしまいます。
実はこれが太りやすくなる原因です。
私たちの体は、空腹の時間帯が長いと、それだけ脳ができる限りエネルギーを吸収しなければ!と判断してしまうので、次に取り込む食事でたくさんのカロリーをとらないといけなくなってしまいます。

その結果、消費カロリーを超えてしまい、体重が増えてしまうことがあるのです。

ノンファットタイム おやつ

○睡眠の3時間前にはおやつを食べないようにすること

寝る直前はもちろん、寝る前の3時間以降はお菓子を食べないようにしましょう。
夜はゆっくり過ごす時間帯も長いので、カロリーがなかなか消費できません。
そのような時にお菓子を食べると余分なエネルギーになってしまい、太りやすくなってしまうでしょう。
寝る前3時間は、お菓子を食べないようにするのがおすすめです。

○選ぶならGI値の低いお菓子を選ぼう

おやつを選ぶ時は、できる限りGI値の低いものを選ぶようにしましょう。
Gi値とは、食べ物を食べた時の血糖値の上昇を数値で表したものです。
高いGI値の食べ物は血糖値がグンと上がってしまい、その分脂肪になりやすくなってしまうので、ダイエット中は食べない方がいいでしょう。

食べ物を食べると、私たちは体の中では次のような反応が発生してしまいます。
食べ物を食べた時に体の中で発生している反応は、Gi値が高いものを食べると血液中のブドウ糖が増えてしまい、血糖値が上がりやすくなります。

血糖値が上がってしまうと、血糖値を安定させるために膵臓からインスリンが分泌されるようになります。
インスリンが分泌されてしまうと中性脂肪もたくさんできてしまい、脂肪がたまりやすくなってしまうので、ダイエットには適しません。

⇒食事制限なし!ストレスのないダイエット法はこちら