ノンファットタイム 肉

○お肉を食べないとこんなデメリットが出てしまいます…

たんぱく質が不足しやすくなる

お肉を完全に抜いてしまうと、たんぱく質が不足してしまう可能性があります。
お肉にはたんぱく質以外にもビタミンB群なども豊富に含まれているので、健康的な要素もあるのです。
お肉の種類によって高カロリーのものは多いですが、適量であればダイエットに効果的です。
ダイエット中でもしっかり取り入れたい栄養を含んでいるので、ヘルシーでしょう。

お肉に手をつけないだけでもたんぱく質をはじめとした栄養素が不足してしまい、全身の代謝が落ちてしまいます。
代謝が落ちてしまうと、消費カロリーの量も減ってしまうので、結果的に痩せにくい体質になってしまうでしょう。

○お肉よりも炭水化物の方が太りやすい?

お肉をたくさん食べるよりも、ご飯や麺類などの炭水化物をたくさん食べている方が太りやすくなってしまいます。

豚肉や牛肉、羊などの赤みの肉には、脂肪を燃焼させる成分も多く含まれています。
サプリメントでもよく聞くのは「L-カルチニン」です。
L-カルチニンには、脂肪の代謝を高めてくれる効果があります。
そのためお肉を食べていればダイエットにも役立つので、避けてしまうと損することになってしまうでしょう。

ノンファットタイム お肉

ダイエット中でもお肉を食べていいものです。
むしろ、抜いてしまうと損する事になってしまうので、限度を守って積極的に食べるようにしましょう。
/ダイエットの時に意識したいお肉の食べ方を知り、効率よくお肉を取り入れましょう。\

○ひき肉を食べる時にはご注意を

ハンバーグやパスタのミートソース、餃子にはたいていひき肉が使われています。
ひき肉には20%の以上の脂質が混ぜ込んであるので、知らず知らずのうちにお肉の脂肪を取り入れている事もあるでしょう。
ひき肉を使った料理を食べる時は、肉の脂肪も20%以上取り入れているという事に、留意しましょう。

必ずしもひき肉が悪いというわけではなく、赤身のひき肉などは比較的脂質が少ないので安心です。

○お肉の部位に気を付けながら選ぶ

お肉といっても、その部位によって脂肪の量も異なるので、太りやすさも変わってきます。
比較的脂質が少ない肉の種類は以下の通りです。

  • 鶏肉…ささみ、胸肉
  • 牛肉…肩、もも
  • 豚肉…もも、ヒレ

ちなみに、脂質の多い順番からいっていくと羊、牛肉、豚肉の順になり、チキンが一番脂質が少なくなるでしょう。
よって、ダイエット中にお肉を食べるなら、鶏肉を選んでおくと安心でしょう。

○赤身の多いお肉を食べる

赤身の多い肉には、「L-カルニチン」という成分が入っています。
これは脂肪を燃焼させ、たんぱく質を筋肉に変えてくれる働きのあるお肉です。

⇒何をしてもダイエット効果を実感できないならこちら